タクシー

icon title 求人広告の歴史と今後

求人広告の歴史はすごく古く、西暦12世紀まで遡ります。エジプトのテーベという都市のパピルス文書の中から発見された広告です。逃げた奴隷を主人が探しているもので雇用関係が主人と奴隷ということや見つけた者には金銭を与えると決まっており、奴隷はお金でやり取りされるものの扱いであったようです。

1980年代の広告は新聞や折り込みチラシ、雑誌を使った求人広告や2000年代後半になるとインターネットサイトの台頭でいつでも気軽に広告を見ることができます。

不況になると増える求人
不況になると増える求人と言うとタクシードライバーの募集です。一見矛盾しているように思えるかもしれませんが、これが矛盾はしておらず、不況になると失業する人が増えるからです。それだけ職につける人が少なくなるので、求人に応募する人が増えるわけです。

必要なものは基本的には車を運転する技術ですから、たいていの人が応募することができるのです。あとは教育施設でしっかりと教育を受けるだけなので、なりやすい職業なのです。

バイト探し

icon title 条件に合致するドライバー

ドライバーとは、自動車などを運転する人物のことです。車の走行を制御するためには、運転手の存在が不可欠です。一般家庭で車がある事が一般的になった現在では、多くの人が運転手になる機会があるものの、しかし旅客サービスとなると、確かな運転技術が必要です。

タクシーの求人では、第二種運転免許を持っていることが必要不可欠です。旅客のドライバーとしてふさわしい運転技術の免許を持ってこそ、その仕事に就く事ができます。

タクシードライバー
タクシードライバーとして働きたいと思ったとき、求人は結構あるものです。不景気な時代に、贅沢だからとお客さんの足が遠のくのではないかと思う人も多いと思いますが、終電後特に休前日の夜となると、乗車を待つ長蛇の列が出来ているところを良く見かけます。

最近は女性の乗務員の増えてきており、未経験から勤務する人も多く、二種免許を取得すれば誰でも挑戦することができます。接客態度を工夫したりどんな場所がお客さんを拾いやすいかを考えたりなど、売上を伸ばすために努力のしがいがあるやり甲斐のある仕事です。

求人に関する法律
求人に関する法律があります。

企業が人を雇用して労働をさせるにあたっては、労働に対して最低の賃金法を守らなければなりません。

毎年10月1日に、この最低賃金が決定しますが、賃金の額は時間給と日給が発表されます。

この金額は地域によって違いますので注意しなければなりませんが、この金額以下で雇用はできないことを意味しており、この金額以上であればいくらでも良いということです。

タクシーのドライバーのような、時間が不規則な雇用でも同じです。

運転

icon title 利口なタクシーの利用法

タクシーの運転手も多種多様で、最初から最後まで一言もしゃべらずにひたすら運転する人もいれば、乗った瞬間からずっと話の尽きない人までいます。

客の好みの問題もあるのでどちらが悪いとは言えませんが、正直うっとうしい、この人はイヤだなと思ったら、迷わずタクシー会社に電話をしてください。

クレームを言うみたいで気が引けてしまうかもしれませんが、あらかじめ伝えていれば、次から利用するときに運行会社が別の運転手を手配してくれたりするそうです。

ドライバーの概要
ドライバーとは運転手を指す言葉となっています。

ドライバーを仕事とする職業の種類は非常に多くなっており、タクシーやトラック、専属運転手などを挙げることができます。

運転手の求人は多くありますが、お客を乗せる運転手として働く業務の場合には、2種運転免許が必要となりますので、一般的な運転免許では業務をすることができないように法律で定められています。

運転手は基本的に自動車を運転する役割として言われる言葉となっています。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031